アニメ ドラゴンボールZ 登場回数ランキングベスト30




パマです。

 

もうすぐアラフォー付近に突入します。

この世代の男達にとってドストライクなアニメといえばドラゴンボール。

これは間違いないです!

 

同じ年代の人と話すネタがなくて困った場合、とりあえずドラゴンボールネタ喋っとけば大抵打ち解けられます。

他にも北斗の拳やスラムダンク、幽遊白書などもオススメですが、やはりドラゴンボールが最強でしょう。

おっと、男性限定ね。

 

さて、みなさんが知っていることを敢えて書かせてもらいますが、

ドラゴンボールは、原作コミックでいうと「ドラゴンボール」ですが、これがアニメになると、

  • ドラゴンボール
  • ドラゴンボールZ

 

になりますよね。

 

アニメでいう「ドラゴンボール」の部分は、原作でいう悟空の少年期頃が主でアドベンチャー要素が強く描写されております。(主題歌も摩訶不思議アドベンチャーだし)

 

そして「ドラゴンボールZ」の方はバトル要素が強いです。

当時の子どもたちは学校で戦いごっこをしていたことでしょう。(パマももう少しでかめはめ波が打てるところまではいきました。)

 

男、いや漢が強さに憧れるのは自然の摂理。

ドラゴンボールの世界で一番強いキャラクター、気になりますよね?

というわけで、アニメドラゴンボールZの登場回数ランキングを発表します。

 

え?流れ的に強さランキングじゃないのかだって?

ドラゴンボールの世界で強さランキングがあれば、上位に名を連ねるのは誰か大体想像がつくでしょう。(誰かやってそうだし・・・)

 

強さランキングでは映えない脇役達がいるかもしれない。

そんなキャラクター達に光を与えてあげたい。

 

そういう思いから、ドラゴンボールZ全291話を見直しました。(暇人か!)

流石に話を全部見る程の気力と暇は無かったので、エンディングに出てくる名前でカウントしましたw(それでも暇人には変わりない!)

 

登場人物総勢200人以上にものぼるドラゴンボールZの世界で栄光の1位を取るのは果たして誰なのか!

 




第30位

ギニュー (23回)

頭が悪魔の○みたいだよね

 

ギニュー特戦隊の隊長であるギニューが堂々30位にランクイン。

ギニューの必殺技である「チェンジ」は恐ろしい技だったが、使った本人も使いこなせてなくて残念な結果になってしまったのはここだけの話だ!

第29位

人造人間17号 (23回)

先生、質問で~す!

 

ギニュー隊長と同じ回数だったが、こっちのほうがイケメンなので29位w

 

スタミナ無限の人造人間なので長期戦になればなるほど有利に戦える強戦士。

神と同化したピッコロとの激闘は一番の見せ場でしたね。(ドラゴンボール超ではさらに大きな見せ場がありますよ)

第28位

牛魔王 (25回)

ただの牛好きのおっさんみたい

 

孫悟空の嫁であるチチの父親。

意外と登場シーンが多かったんですね。

忘れられがちだが、実は亀仙人の2番弟子。強いんですよ、多分。

第27位

神様 (27回)

「神」の主張がすごすぎる!

 

第27位には地球のトップ、神様がランクイン。

 

ピッコロと同化して本来あるべき姿であった一人のナメック星人になった際に途中退場したが、この順位は素晴らしい。

アニメオリジナルストーリである魔凶星編での活躍をパマは忘れない!

第26位

ウーロン (35回)

このシーンって有名だよね

 

スケベなブタ。

こういうポジションのキャラって結構使いやすいんだろうなぁ。

ドラゴンボールZでは得意の変身を披露したのかはちょっとわかんないですw

第25位

ミスターポポ (36回)

Zでは笑顔が増えました

 

謎の生態、ミスターポポがランクイン。

キャスト欄では、ミスターポポの時もあったり、単にポポって時もあったりしたけれど、同一人物と判断しての回数となりました。

 

あなたはポポの涙を見たことがありますか?

第24位

人造人間16号 (36回)

モヒカンが一番似合うのは私だ

 

寡黙な強戦士、孫悟飯を覚醒させる立役者となった人造人間16号がランクイン。(ミスターポポと同順位)

完全なロボットタイプだが、人よりも人らしい姿も垣間見えた。

 

モヒカンもイケてるが、声が反則だろ!

第23位

老界王神 (36回)

エ・・・エロそうな顔

 

権力も最強だがエロさも最強の老界王神様がランクイン。(36回は合計3人)

孫悟飯の潜在能力を独特のパフォーマンスで引き出したブウ編でのキーパーソンの1人。

 

ゼットソードに封印されていたり、過去に魔女(残念な)とポタラで合体してしまったなど不運なエピソードをいくつか持っている。

ランクインできて良かったね。

第22位

餃子 (43回)

くすぐっちゃおっかなぁ

 

Z戦士の中で一番影が薄い餃子がランクイン。

 

敬愛する天津飯に置いていかれてからめっきり出番が無くなったのでどうなることかと思ったよ。

置いていく天津飯も中々だけど、そのあとに悟空がそのほうがいい発言してるのも中々だよね。

 

見たか!これが餃子の実力だ!

第21位

ビーデル (45回)

髪短い方が可愛い派です(*´ω`*)

 

ミスターサタンの愛娘であるビーデルがランクイン。

実はミスターサタンよりも強いって知ってました?

 

後に孫悟飯と結婚するけど、逆玉の輿だよね。

羨ましい。

 

ビーデルは見た目も可愛いけど、何より声がずるいと思う。

第20位

アナウンサー (48回)

若い頃より髪が後退したなぁ

 

激しいバトルを熱く実況したアナウンサーがランクイン。

孫悟空がまだ少年だった頃から登場しているアナウンサーといえばこちらの人ですね。

この人見ると、時代は流れたなぁって感じがしますね。

 

セル編などで実況していたアナウンサーは実は違う人だけども、同じアナウンサーという括りにしました。

第19位

シン (49回)

 

シンさんここに参上。

初登場時は落ち着いた雰囲気でかなりできそうな奴だったのに、回が進むにつれて少しずつメッキが剥がれてきてボケ担当キャラに変わってきたのは言うまでもありませんね。

こんなですけど、フリーザを一撃で倒せるらしいですよ。(本当かなぁ・・・)

 

第18位

人造人間18号 (51回)

強くて綺麗なお姉さんは好きですか?

 

第18位に人造人間18号とはw

クールビューティーであり、旦那であるクリリンと愛娘であるマーロンをとても大事にしている。

 

先に登場した人造人間17号とは双子の姉弟であるのは有名な話。

 

キャスト欄では、途中から人造人間18号から18号に変更されたが、同一人物としてカウントしました。

第17位

セル (54回)

セルって最初は気持ち悪かったけど完全体はかっこいいよね

 

未来からやってきた人造人間

・・・人造人間なのか?

 

セルゲームでの孫悟空とのバトルは熱かったですね。(セルはまだまだ本気ではなかったですが・・・)

 

孫悟飯に負けそうになった時の情けない姿は見なかったことにしてあげましょう。

第16位

ブウ (58回)

先生、質問で~す!

 

ドラゴンボール最強の敵、ブウが16位にランクイン。

 

愛嬌がある顔をしているが、善悪の区別が良く分かっていない面があり実はとても残虐な敵でもあった。

そんなブウを変えたミスターサタンはまさに世界の救世主かもしれませんね。

 

ブウがいれば食事に困ることはなさそうですね。

美味しくはないだろうけど・・・。

 

第15位

孫悟天 (65回)

ごちそうさまでした(*´ω`*)

 

孫家の次男坊、孫悟天が15位にランクイン。

 

ドラゴンボールの物語の終盤、魔人ブウ編からの登場なのにこの順位はすごいですね。

相当重要な役だったのではないかと。

 

父親にそっくり過ぎ。どんだけDNA強いんだよw

性格もお気楽なところが小さい頃の悟空にそっくりですね。

第14位

フリーザ (66回)

フリーザ様のカリスマ性は漫画界トップクラスだと思う

 

宇宙の帝王フリーザ様が第12位にランクイン。

主要な敵キャラはこれで全員出ました。

 

フリーザはドラゴンボールを語るうえで絶対に外せないキャラクターですね。

そのカリスマ性は、ドラゴンボールの続編であるドラゴンボール超でも健在です。

 

今のは痛かった…痛かったぞーーー!!!

第13位

デンデ (74回)

怖くなんてないさ お化けなんて嘘さ

 

ナメック星人のデンデが第13位にランクイン。

やはり地球の神になったりブウ編で最後まで生き残った結果がこれか?

 

初登場時は小心者だったデンデも立派な地球の神様になりました。

みんなの神様ですよ。

第12位

サタン (84回)

どっからでもかかってこいや

 

皆さんお待ちかね、世界チャンピオンのミスターサタンですよ。

サタンって結構毛深いよね。

 

魔人ブウを倒した元気玉を作れたのはサタンのおかげだと言うまでもありませんね。

ある意味世界を救ったのはミスターサタンだと言えるでしょう。

 

キャスト欄では、ミスターサタンだったり、単にサタンだったりしてましたw

(実はサタンが本名ではないのはここだけの話)

第11位

天津飯 (91回)

これが二等辺三角形だ!

 

惜しくもベスト10入りは逃したが、見事11位となったのは義の男、天津飯。

ナッパ戦、セル戦、魔人ブウ戦で命を賭して戦う天津飯の姿は見る価値ありですよ。

 

格好良さに髪の毛の有無は関係ないんだなぁ。

第10位

ヤムチャ (109回)

この後どうなるかは分かる人には分かります

 

イケメン枠のヤムチャ様が第10位にランクイン。

顔は2枚目なのに行動や性格、作者の扱い方によりギャグ要員みたいになっているのは有名な話。

 

ヤムチャの痛恨のミスはブルマと別れたことだと思う。

逃がした魚は大きかった・・・。

第9位

亀仙人 (110回)

仙人の風格が半端ない

 

元祖エロ担当がここでランクイン。

かつては武術の神様と讃えられ、孫悟空、クリリン、ヤムチャなどのお師匠さまでもある。

何だかんだみんなカメハウスに集まるのは亀仙人の人柄だと思う。(エロいけど・・・)

普段の様子を見ているともう武道は引退したかと思ったが、ドラゴンボール超では相当鍛えていたらしく武術家としての活躍シーンも用意されている。

気になる人は見てみよう。

第8位

チチ (115回)

目線の先にあるものは・・・

 

孫悟空の奥様、チチが第8位。

あまり目立っていたイメージはないけども、結構出ていたんですね。

 

悟空さが働かないし死んじゃうしで大変な中、親の財産やら自分の稼ぎで何とか生計を立てていた苦労人。

芯の強い女性は魅力的ですね。

第7位

トランクス (123回)

トランクスの全盛期はここだったと思うの

イケメンで金持ちで頭もいい坊ちゃんって反則だよ

 

ベジータの息子であるトランクスがここでランクイン。

未来トランクスと現代のトランクスを合わせての順位です。

 

孫悟天と同様、少年の頃からスーパーサイヤ人になれる戦闘センス抜群のトランクス。

未来のトランクスは絶望を味わい、現代のトランクスはみんなの期待を一身に背負った中々ヘビーな人生を歩んでました。

 

トランクスってなんでも持ってるイメージあります。羨ましいなぁ。。。

第6位

ブルマ (173回)

ぷはぁ~~

 

ドラゴンボールのヒロイン、ブルマが第6位にランクイン。

 

恋人がほしい。そんな些細な動機で始まったドラゴンボールストーリー。

ブルマがいなければドラゴンボールは始まらなかった。

それだけこのドラゴンボールという作品になくてはならない存在でした。

 

正直、ブルマと結婚したベジータは最強の玉の輿だと思う。

羨ましすぎる!

第5位

ピッコロ (183回)

余裕な表情を見せてるけど実は筋トレ中

 

ピッコロが第5位にランクイン。

かなり大人に見えるが、実はかなり若いw

ナメック星人に性別はないらしいが、完全に男でしょ!

 

弱点は口笛です。

第4位

ベジータ (193回)

このシーン結構好き(〃▽〃)

 

サイヤ人の王子ベジータが第4位にランクイン。

ベスト3は逃したが、やはり誇り高きサイヤ人の王子様は描かれる機会が多かったみたいですね。

確かに全ての強敵戦において活躍しています。(多少は・・・)

 

個人的には魔人化したベジータとカカロットの一騎打ちが一番好きな戦闘シーンです。

第3位

クリリン (223回)

クリリンといえばやはりこの技

 

見事第3位にランクインしたのはクリリン。

 

アニメドラゴンボールの頃から活躍し、ドラゴンボールZに突入しても大いに活躍するシーンが見られた。(髪の毛を生やした魔人ブウ編では描写が減少したけどね・・・)

その活躍はドラゴンボール超でも見ることができるぞ!

 

恋愛面では色々あったクリリンだが、最終的にハッピーになって良かった良かった。

第2位

孫悟飯 (262回)

ピッコロさん衣装の悟飯が好き(//∇//)

 

孫悟空の息子、孫悟飯が堂々第2位にランクイン。

実はセル編までは、主人公の孫悟空よりも回数が多かったんです。

しかし、悟飯が主人公となった魔人ブウ編でまさかの逆転負け。。。

 

しかし第2位にふさわしい活躍を見せてくれました。

個人的にはセル戦の悟飯が一番好きです。

第1位

孫悟空 (273回)

かめはめ波もう少しで撃てると思うんだけどなぁ

 

堂々第1位は、ドラゴンボールの主人公である孫悟空。

やはりドラゴンボールは悟空がいなけりゃ始まらない。

孫悟空が主人公だったからこそ、ここまで世界的な人気マンガに発展したんでしょうね。

 

読者にワクワク感を常に与えてくれた孫悟空に感謝!

 

まとめ

如何でしたでしょうか?

上位はなんとな~く検討がついたとは思いますが、予想しなかったキャラクターもいたのではないでしょうか?

 

これを機にドラゴンボールを見直すのもありかもしれませんね。




おすすめの記事