久しぶりに友人と会ってきました




パマです。

 

先日、久しぶりに友人と会ってきました。

どのくらい会っていなかった友人かというと、おおよそ2年半ほどですかね。

 

たまに連絡はとっていましたが、半年ほど音沙汰がないときもありましたよ。

それでもずっと変わらずに友人としていられたのは、

損得勘定抜きで付き合っている間柄だからです。

なんせかれこれおおよそ20年近い付き合いになりますからね。

 




全然会っていなかった理由は?

理由は大きく2つあります。

理由1

学生時代はみんな近くに住んでいましたが、

やがて社会人となりそれぞれ見慣れた街を飛び出しました。

 

やはり距離というものは、会う会わないで考えた時大きな障害物になりますね。

遠距離恋愛をしているカップルって本当にすごい!!

 

理由2

それぞれが家庭を持ったという点ですね。

やはりこれはかなり大きいかなと。

 

人間関係に優先順位をつけたくはないですが、やはり家族を最優先に考えてしまいます。

そうなると、やはり仕事が休みの日には家族で過ごすことが多くなります。

 

結果、中々友人と過ごす時間を持つことができません。

 

休みの日は家族、それ以外は仕事・・・

そのサイクルを繰り返していたことにより正直なところ、友人を疎かにしていました。

 

そんなサイクルを変えたのは、友人からの電話でした。

 

2年半振りに会おうと思った理由は?

連絡はたまに取ってはいましたが、それは文字だけのやり取り。

本当に久しぶりに友人の声を聞きました。

 

本当に久しぶりでした。

普段どんな口調でどんなことを喋っていたのかも忘れてしまうほどに。

 

友人の声を聞いたら会いたくなった

男同士の友情は、女性のそれとは違うとパマは思っています。

別に頻繁に会わなくても、声を聞かなくても不安や寂しさは感じないんだと。(女性もそう思っているかもしれませんが・・・)

 

そう思っていましたが、本当に久しぶりに聞いたその声は、社会人という途方もなく続く時間から、友人達とバカ騒ぎして遊んだ学生時代に連れて行ってくれました。

 

パマの近くには友人が一人もいません。

家族がいるだけ。

自分では意識していませんでしたが、やはりどこか寂しかったんでしょうね。

 

元号が変わることもきっかけとなった

発表されましたね。

新元号、令和。

 

この元号が変わるということも会おうと思ったきっかけになりました。

平成の時代を共に過ごしてきた者同士、もう一度平成のうちに会いたいな・・・と。

 

元号が変わるというきっかけ。

皆さんにも何かありそうですね。

 

久しぶりに会ってみて・・・

久しぶりでお互い緊張するかな。

そんな風に思っていましたが、その心配は全くありませんでした。

 

現状のこと、青春時代のこと、これから先のこと。

色々なことをたくさんたくさん話しました。

 

気づけばお互い泣いてました。

(傍から見たらおっさんがめっちゃ泣いてて気持ち悪かったと思う。。。)

 

やっぱり、友人っていいですね。

大事です。

 

まとめ

自分の話ですみませんw

 

家族にしか話せないこと、キョウダイ、親にしか話せないこと。

それと同様、やはり友人にしか話せないことってのもあるんだなと。

 

今回友人とじっくり話して本当にそう感じました。

 

友人と会う場合、家族とは違って中々都合をつけてというのは難しいし、きっかけがないと・・・ということもあると思います。

 

ですが、絶対に疎かにしないほうがいいです!

パマはそう思います。

 

これからは少なくとも、1年に1回は会って色々話したいな。




おすすめの記事