仕事を辞めたくなる一つの原因は電話!?




パマです。

 

自由になりたい。

起きる時間も寝る時間も全て自分の思う通り。

働きたい時に働いて、遊びたい時には遊ぶ。

 

もちろん、ちゃんと生活していけるかどうかの不安は出てくるでしょう。

でもそこをうまくコントロールして自由を手に入れたい。

 

こんな気持ちになったことはありませんか?

 

パマはあります。

基本毎日なってます。

 

ですが、この気持ちがより強まるときってありません?

特に会社絡みで。

 

この沸点を何かの拍子で超えた時、おそらく仕事辞めるんでしょうね。

 

あぁ、辞めたい。

 

どんな時に特にもう嫌だってなるのか考えてみました。

 

一つの結果として、電話が思いつきましたよ。

 




休みだろうがどうでもいい電話が掛かってくる

パマの会社は一般的な土・日休みではありません。

人によって公休日が違います。

 

しかし、取引先の企業は基本は土・日休みです。

そのため、月~金に問い合わせがやってきます。

 

会社同士の休みの日が異なるので、当然こちらの担当者が不在の場合があります。

まぁ、そりゃそうですよね。

 

問い合わせの内容って様々ですよね。

  • すぐに解決しないとダメな緊急性が高いもの。
  • そこまで急いではないけども結構大事な重要度が高いもの。
  • 急いでもないし重要度もあまりないもの。

などなど。

 

緊急性が高い問い合わせが来て、パマの同僚や上司では分からない内容だった場合、当然電話がかかってきます。

それは別に構いません。急いでますからね。

 

しかし、パマの会社はそれだけでは終わりません。

どんな内容でも平気で電話を掛けてきます。

 

「○○会社の△△さんから問い合わせがあったから明日対応してくれる?」

 

「□□会社の◇◇さんから電話あったよ。明日またかけ直すって。」

 

この電話っていります?

明日出社した時に口頭でもいいし、メモとか机の上に残しておくレベルで良くない?

 

そんなにパマの声が聞きたいのかヽ(`Д´)ノ

 

夜中だろうがどうでもいい電話が掛かってくる

パマの仕事の唯一の利点は日勤しかないということです。

しかし、仕事はそうでも会社はそういうわけではありません。

他の会社でもあると思いますが、日勤部隊・夜勤部隊でそれぞれ活動しております。

 

日勤の人は夜中に、夜勤の人は昼間に電話が掛かってくるのは嫌ですよね。

電話が掛かってこないために引き継ぎや申し送りをするわけです。

 

しかしそれでも、やはりイレギュラーな事象が発生したら電話は掛かってきてしまいます。

それはそれでしょうがないかなと。

 

けれど、けれども

どうしても許せないことがあるんです。

 

それは、申し送りした事項を確認する電話・・・

 

「昼間伝えてくれた件だけど、こういうことでいいんだよね?やったけど不安になっちゃって・・・」

 

「書いてくれてる申し送りの件だけど、しっかりやるから任せて!」

 

これっていります?

夜中の1時過ぎにこの電話っていります?

朝5時から出勤なんですけど、この電話っていります?

 

解せぬ・・・

 

まとめ

こんな仕事なんかやってられるかー

って沸点を超えるのは一つ一つの嫌なことの積み重ねが原因だと思います。

 

仕事辞めたいですよね。

 

パマの生活は仕事を切り離しては成り立ちません。

・・・今のところはね。

 

宝くじ当たらないかなぁ

不労所得手に入れたいなぁ

 

 




おすすめの記事